重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

7つのストレス解放ケア

重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

「痛み解放セラピー」を体験してみたら…

☆★☆-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-☆★☆
今日のブログの最後に、7月の体験セッション
に応募しそびれた方への再度のチャンス
(!)のお知らせがあります\(^o^)/
☆★☆-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-☆★☆

 

こんにちは、

LP式ストレス解放コーチの井上です(^_^)

 

痛み解放セラピー体験セッションの募集と
セッションの実施を終えて、ホッとしていた
ら、いつの間にかセッションから2週間以上
の時間が・・・(^_^;)

 

さて、
今回体験セッションを受けて下さった方から

—————————————-
マイナスイオンシート…、一度腰痛に使って
みました。
—————————————-

とのメールが入りましたので、その内容を
シェアしますね。

 

痛み解放セラピーがどんなものなのか
分からずに、7月の体験セッションに応募
しなかった方のために、セッションの様子も
お伝え(許可を得ています)したいと思います。

 

詳しい内容は以下の通りでした。

 

☆~・~・~・~・~・~・~・~・~・☆
マイナスイオンシートは自分できちんと貼れ
るかというお試しの意味も含めて、一度腰痛
に使ってみました。
教えていただいた通り、1時間くらいで痛み
が解消いたしました。

シートにはいろいろな使い道があるのですね。

 

私同様シートに興味を示す知人がおりました
ので、こちらだけでも十分お仕事が成り立ち
そうだと思いました(笑)」
☆~・~・~・~・~・~・~・~・~・☆

 

何故、こういうお声を頂いたのかということ
が分かる様に、体験セッションがどのように
行われたかを簡単にご説明しますね。

 

先ず、現在の痛みの原因や状態、
そしてそれが起こる源を知らないと
どこをどう改善したら良いか分かりません。

 

だから、この方(仮にAさんとします)が
どのような質の痛みとストレスを持って
いらっしゃるかをアセスメント(査定)
させて頂きました。

 

このアセスメントは、本コースでも必ず行う
ものですが、時間が限られた体験セッション
なので、本コースで行うアセスメントの一部
を使いました。

 

最初は、
聴覚から受けるストレスの質を知る
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ためのアセスメントです。

 

セッション予約日前に、聴覚力が生活全般に
どの程度影響しているかを知るための質問表
をお送りしました。

 

そして、そのお答えをメールへの添付
ファイルで返送して頂きました。

 

その結果、
からだの耳(三半器官や蝸牛関連)の機能が
弱い事からくるストレスを受け易いことや
感覚過敏気味で、運動をすることがお好きで
はないな、ということが分かりました。

 

そして、面接セッションでその点をお聞き
すると、「その通り。」という事でした。

 

更に、Aさんは、なかなか話が通じ難い方々
への電話を受けることが多いストレス度の
高い仕事をなさっています。

 

だから、
からだ全体の緊張度が高いのでしょう。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

そこで、今迄で一番酷い状態になった経験を
お聞きしますと、ある関節の炎症で車椅子
生活(;_;)を強いられたことがあるとのことでした。

 

座ってばかりのストレス度の高いお仕事が
影響したのでしょう。

 

そして、整形外科へ治療して貰いに行った
けれど、逆に、悪化(!)したたそうです。

 

でも、その後良い整骨院を見付けて、
今の状態にまで回復したそうです。

 

それでも未だ腰痛が残っているそうで、
—————————-
色々な知識が欲しくて、

痛み解放セラピーの体験セッションに
応募されたそうです。

 

更に、歩けなくなる状態がまた来るかもしれ
ない、という未来への不安もお持ちでした。

 

そこで、私のアセスメントの2番目の
ステップとして、臨床動作法でからだ全体の
痛みの部位を探しました

 

すると、
やはり腰に痛みが見つかりました。
▲▲▲▲▲▲▲

そして、肩コリも「有る」のことでした。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

だから、私が検討を付けて「ここですか?」
と軽く圧を加えると「あ、痛~い!え?
私のここってこんなに痛かったの?」とその
痛みの強さにびっくりされていました。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

そうなんです。

 

★~・~・~・~・~・~・~・~・~・★
こんな風に、
痛みを感じないまま、そしてその源の部位を
知らないまま、生活していて「何となく、痛
い。」で終わっている方が多いのです。
★~・~・~・~・~・~・~・~・~・★

 

以前、Aさんが腰が立てなくなるほど痛みを
抱えたのも、そんな状態を続けてその部位へ
の緊張度が高まり、最終的に関節の炎症を
起こさせたのだろうと推測されます。

 

「痛み解放セラピー」では、
痛みの源を探りながら、その部位に高速細胞
活性イオンシートを貼ります

 

すると、例え
激痛 があっても痛みが和らぐ

ので、からだを動かせるようになります。

 

何故なら、
傷んだ細胞を回復する働きがあるからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

そして、動かせるようになったら、
セルフコントロールの第一歩として、
痛みの部位に気持ちを向ける動作法で
緊張部位を弛め、もっと動かせるようにします。

 

すると、
からだもこころも楽になり、
未来の痛みへの不安感が減ります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

だから、Aさんにもそうしました。

 

すると、やはり30分ほどで腰や肩の痛みが
すっと軽くなったようです。

 

そして、少し痒みを感じた部位の
イオンシートを剥がし、自宅でも使えるよう
にご指導してそのままお持ち帰り頂きました。

 

☆~・~・~・~・~・~・~・~・~・☆
マイナスイオンシートは予兆なく急に訪れる
激痛も貼るだけで痛みを80%以上改善する
ので、「いざ!」というときに助かる
セルフケア法です。
☆~・~・~・~・~・~・~・~・~・☆

 

だから、未来への不安が無くなります。

 

でも、「いざ!」ということが起こらないよ
うにセルフケア出来たらもっと良いですよね。

 

その為に、動作法と併用の痛み解放セラピー
でのセルフケアを出来るようにご指導する
ことになりました。

 

そして、その後前述のように、Aさんからの

「・・・、一度腰痛に使ってみました。

教えていただいた通り、1時間くらいで痛み
が解消いたしました。」

というメールが届いたという訳です。

 

更に、そのメールへの返信で、シートを効率
よく複数回使う方法や痛み解放以外の使い方
もお伝えしました。

 

眼精疲労や顔の老化対策にもなる方法です。

 

だから、
「シートにはいろいろな使い道があるのですね。
私同様シートに興味を示す知人がおりました…」
という感想になった訳です。

 

本当に色々な使い道があります。

 

コースがを始まったら、きっと驚かれること
でしょう。

 

その時が来るのが楽しみです\(^o^)/

 

それにしても、
私の行っているセラピーやプログラムは、
ことばだけではイメージし難いので、
「体験して頂くのが一番ヾ(^O^)♪」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

と改めて感じたことでした。

 

そして、

一般公募のキャンペーンは終了したけれど、
もっと多くの方に、「痛み解放セラピーを
是非体験して頂きたい(!)」と思いました。

 

====================
だから、
今月末まで、
メルマガ読者限定のキャンペーンとして、
体験セッションの参加者を募集(!)
することにしました(^o^)/
====================

 

だから、もしあなたが
「先のキャンペーン中は都合が悪かったけど、
今なら…。」とお思いでしたら、

先ずは以下の、
“おうちで出来る「7つのストレス解放ケア」無料メール講座”
にご登録くださいませ。

http://blog.listenplus.com/mail-magazine

 

メルマガの方から詳しい情報を差し上げます。

 

そして、「今、痛みで困っているお知り合い」
を助けたい方は、その方にこの情報を教えて
あげてくださると嬉しいです。

 

ではまた(^o^♪

+++————————————+

☆ いつもお読みくださってありがとうございます!

今日の話は如何でしたか?

ご感想など是非送ってください。

メッセージを頂くと元気が出ます。

※ 掲載記事や情報をあなたの文中に引用
するときは、出典を明記して下さるよう
お願い致します

+————————————+++

■住所:千葉県船橋市湊町2-12-24日本橋ビル6F

公式ホームページ http://listenplus.com

リスニング療法 http://listening-therapy.com

発達障害は改善できる http://bit.ly/1zKbN3z

ストレス解放の情報がブログより早く手に入る
ストレス解放ケア無料メール講座
おうちで出来る「7つのストレス解放ケア」無料メール講座

あわせて読みたい関連記事

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。