重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

7つのストレス解放ケア

重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

幾つになっても成長のステップを

LP式ストレス解放コーチの井上慧子です(^_^)

 

聴覚刺激とストレス解放ケアで
心身の痛みや発達障害の改善を援助する
プログラムを提供しています。

 

今日は、人の成長についてのお話しです。

 

今年の夏のことでした。

=======================
「幾つになっても成長のステップは踏めるんだなー。」
=======================

と感じた出来事がありました。

 

夏の暑い日の夜、ある勉強会を終えて、駅から自宅
への帰り道を急いでいる時の事でした。

 

私の前に、一人の80~90歳と思われる背の
高い男性とその娘さんかと思われる女性が
歩いていました。

 

男性は、歩行が不自由なようで、自分より
背の低い女性の肩につかまり、足先だけを
地に着けてよろよろしながら歩いていました。

 

そして、その男性は足の不具合だけでなく
その背中の側弯も相当なもので、
「あれでは日常生活も大変だなー。
娘さんが介護されているのかなー。」
と思いながら暫くは後を付いて歩きました。

 

お二人とも酷暑の中をかなり力を入れて歩い
ていらっしゃるのが見えて、かなり辛そう
でした (;_;)

 

お二人を追い越す際に、女性が男性に
「もう少し我慢してね。
ここには座れる場所が無いから。」という
声が聞こえてきました。

 

少し先のバス停にベンチが有ったので、
そう言われたのでしょう。

 

それ迄の私なら「大変だなー。本当はもっ
と楽になる方法があるんだけどな~。」と
思いつつ「でも、余計なお世話だから。」

とか

「売り込みだと思われるかもしれないし。」
と危惧してやり過ごしていたでしょう。

 

でもその時は、お二人に
「楽になれる方法がありますよ。」と、
☆~・~・~・~・~・~・~・☆

どうしても私の情報をお伝えしたくなりました。

 

何故なら、男性の姿を見ながら、
私の痛み解放セラピーでお二人を楽にする改善方法を
イメージできたからです。

 

職業病ですね(笑)

 

★~・~・~・~・~・~・~・~・~・★
そして、改善する方法があるという情報を
お伝えしないのは、余計なお世話というより
むしろ、罪ではないか、と思いました。
★~・~・~・~・~・~・~・~・~・★

 

勿論、「何なの貴女 (`o´)!」と怒られる
かもしれないのを承知でした。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の情報を受け入れるかどうかは、相手の方
の問題であり、私の役目は情報をお伝えする
ことだけなのだから、
と自分に言い聞かせつつ…。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そこで、引き返すと、「突然で失礼します。
余りにお辛そうなので、もし楽になるお手伝
いが出来たらと思いまして…。私はこういう
仕事をしています。
宜しければお使いください。」
と言いながら

 

手持ちの私の痛み解放セラピーの説明を載せ
ている名刺をお渡ししました。

 

すると、女性から「お気遣い、ありがとうご
ざいます。」ということばが返ってきました。

 

それを聞いただけで、その方の人格の素晴ら
しさを感じました。

 

「あなたのお気持ちは確かに受け取りました。」
という素直なお気持ちがその態度やことばの
調子からも伝わってきたからです(*^。^*)♪

 

そんな方だから、大変なお父さん(多分)の
お世話を嫌がらずになさるのだろうな、
と思ったことです。

 

それまで何度か、電車の中で年老いた親の
不器用な動作を娘らしき人がきつい言葉で
叱り付けている人々に遭遇していましたから(‘o ‘;)

 

だから、「どんな手段でも良いので、お二人
が少しでも楽になられますように!」という
祈りの気持ちを抱いたのです。

 

それから、自宅に帰るまでの道のり「何故私
は今迄に無く、見知らぬ人を『援けたい』と
いう切なる願いの気持ちを抱き、声を掛ける
行動までする気になったのだろう?」
と自問しました。

 

そして、それはその日の勉強会の中で抱いた

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「良い情報は、必要な人や大切な人に届けなければ、
むしろ罪なことで責任回避でもある。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

という気持ちが

私の中に一杯になっていたからだ、
ということに思い至りました。

 

更に、

☆~・~・~・~・~・~・~・~・~・☆
「その情報を有益だと受け取るかどうかは、
自分の問題ではなく、相手の問題である。
例え拒否されても、それは自分という人間で
はなく情報が受け入れられないだけの話だか
ら何も気にする必要は無い。」
☆~・~・~・~・~・~・~・~・~・☆

 

という開き直り(笑)に近い感覚に満ちて
いたからだと思いました。

 

それ迄もマーケティングを学ぶ中で、頭では
それを分かっていました。

 

それでも、いざ行動となると、せいぜいメル
マガやSNSでの情報発信に限られていました。

 

電話や面と向かっての話しかけでは、躊躇する
ものがあったのです。

 

でも、その日は、
「相手にとって良い情報は、伝える責任がある。
それが人としての義務だろう。

そして、それを受け入れるかどうかは相手側
の問題だから、伝えるだけで良い。」
という気持ちで一杯になったのです。

 

それまで学んだことが腑に落ちていた感じでした。

 

だから、声を掛けることに恐れや躊躇が無く
なったのだろう、と思いました。

 

そしてこれも、私の一つの成長の印だと(^_^)/

 

だから、これからも、歳を重ねるほどに、
成長のステップを登っていきたいと思います(´ ▽ `)ノ

 

ではまた(^o^♪

 

追伸:実は、上記の記事は8月末にメルマガ配信された
記事をリライトしたものです。

諸事情により、ブログよりメルマガの方が早く情報を
お届けすることが多いです。

だから、「体験セッションのキャンペーン」のお知らせなど、
ブログより早く井上からの情報を受け取りたい方は、
このブログの下の欄にある

「ストレス解放ケア無料メール講座」
にご登録くださいね (^o^)/

—————————————————

痛み解放セラピーの体験セッションをご希望の方は

以下のお問い合わせページからどうぞ!

お問い合わせ

+++————————————+

☆ いつもお読みくださってありがとうございます!

今日の話は如何でしたか?

ご感想など是非送ってください。

メッセージを頂くと元気が出ます。

※ 掲載記事や情報をあなたの文中に引用
するときは、出典を明記して下さるよう
お願い致します

+————————————+++

■住所:千葉県船橋市湊町2-12-24日本橋ビル6F

公式ホームページ http://listenplus.com

リスニング療法 http://listening-therapy.com

発達障害は改善できる http://bit.ly/1zKbN3z

ストレス解放の情報がブログより早く手に入る
ストレス解放ケア無料メール講座
おうちで出来る「7つのストレス解放ケア」無料メール講座

あわせて読みたい関連記事

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。