症状

発達障害

動作法の始め:脳性麻痺や発達障害など改善困難な状態にも効果を発見!

動作法の創始者のお一人、成瀬悟策先生のご逝去を悼みます。動作法は、医学的に動くことは無いとされた脳性麻痺児・者の動作の仕方を改善したことに始まり、発達障害や様々な心身の不調・症状も改善してきました。多くの人々を救う方法を遺された成瀬先生に感謝します!
発達障害

発達障害改善プログラムの朗読で「教科書を読めるようになって嬉しい!」

「ぼくね、本当は学校でぼく一人だけ教科書を 読めなかったの。でも、読めるようになって嬉しいよ。」 とその心情を告白をしてくれました。
発達障害

発達障害のADHDと構音障害を改善・支援した療育法とは?

イライラ、発音・滑舌の悪さ、多動、注意・集中力の弱さなど、音韻・構音障害とADHD傾向を示していたB君の発達障害の状態改善を試みました。 リスニング療法で支援を行った結果、彼の発達障害状態は大きく改善! これはその初期の支援記録です。
ストレス

痛みというストレスで頑張りが効かなくなる前のセルフケア

やみくもに頑張り過ぎると、いつかからだとこころが痛みというストレスを抱えて、逆に頑張りたくて頑張れないからだとこころになります。 「頑張れるからだとこころ」を作るセルフケアを学びたい方のために、痛み解放セラピー体験セッションを提供しています。