発達障害改善プログラムでADHD傾向と構音障害に変化が…

ヘッドホンでモーツアルト音楽を聴く子供 発達障害

★いよいよ、今日から
こちらのキャンペーンの募集が始まりました!★
 ↓↓↓
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【今なら3大特典付き!
親も子も楽になる「発達障害改善プログラム」
体験セッションキャンペーン!!

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

重度の痛み&発達障害の改善を援ける
LP式ストレス解放コーチの井上です(^_^)

発達障害の改善をお望みのお知り合いがいらしたら、
キャンペーンの情報をシェアしてあげてくださいね

 

後ほど、もっと詳しいキャンペーン情報をお送りしますね。

 

では、前回ご紹介した
軽いADHD傾向と音韻・構音障害を持ったB君お話の続きです。

 

前回は、B君が発達障害改善プログラムのリスニング療法を
受けるまでの経緯と障害の状況、そして改善と支援の目標などを
お話ししました。

 

ではその後、どのように療法が進んでいったのかを
順を追ってお話していきますね。

 

☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
前期のプログラムを楽しむ中で、少しずつB君の
ADHDと構音障害の傾向に変化が現れてきました。
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

 

それは、面接2回目となる初めてのカウンセリング
セッションでも見えていましたが、
そうなるには彼がアセスメントセッションを楽しんで
くれたからだと思います。。

 

その日は、ご両親とB君が揃って来所されました。

 

ご両親には、お子さんへの適切な接し方、叱り方、
コミュニケーションの仕方などをお話しました。

 

そして、ご両親で意見を一致した接し方をして頂く
ようにお願いしました。

 

更に、ご自宅での毎日の生活態度とその変化の様子、
食習慣や甘い物の摂取量や頻度を目に見える様に
する為の自己管理(モニタリング)表を書き込んで、
週に一度出して頂くようにお願いしました。

 

臨床動作法による見立てと臨床も行いました。

 

体の重心が両足の前にあり、小さいのに肩周りが
非常に硬いのが見えました。

 

そこで、彼が出来るところから、足首の弛め、足指
開き、胸開きの三つの技法でやりました。  

 

前期のLiFTプログラムは最初の4時間以降
自宅コースに入るので、お母さんにもこの3種類の
やり方を覚えて頂き自宅での実行をお願いしました。

 

この日、B君は
足指開きを上手に出来てとても得意そうでした(^_^)v
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 

LiFTプログラム前期の聴覚刺激は、周波数を変化
させるフィルターは掛けないで、音楽が入ったり
入らなかったりするだけゲートという仕掛けを
通したモーツアルトをLiFTキットで聴くだけです。

 

ヘッドホンでモーツアルト音楽を聴く子供

 

バックグラウンドのように流しながら活動しても
良いので、その間に臨床動作法を行ないました。

 

右足でのバランス取りが弱いけれど、足首弛めが
少しずつ上手になっていって嬉しそうでした。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
少なからず、隠れた劣等感を持っていた彼にとって、
「出来るんだ!」「嬉しい!」という得意になる
気持ちや喜びを感じることがプログラムへのやる気
に繋がり、成長への大きな弾みになったのだと
思います。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

その後、自宅でLiFT(サウンド・プログラム)を
行って頂く間、自宅での様子を1週間に一度
自己管理表を通して知らせて頂きました。

 

その表を見て、甘いものの摂取量が多いことが
分かりましたが、動作法をよく頑張ってやっている
様子も見えて、お母さんのご協力をとても心強く
感じました。

 

そして前期も終わり、終了後のカウンセリング(面接3回目)
を行いました。

 

☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
その時のご報告によると、
ぐるぐる回る癖は無くなったそうです。

大分バランスを取れるようになったのかもしれません。
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

 

面接でも、話の内容が大分聴き取れる様になって
いましたが、私からの質問の意味を理解するのは
未だ難しいことがありました。

 

でも、自分がやりたい事ははっきり意思表示する
ようになっていました。

 

私が「フィルターがM4(低周波数を8kHz分を
抜いた状態)の頃、赤ちゃん帰りとか胎児の格好を
することがありませんでしたか?」とお母さんに
お聞きすると、

 

「甘えたがったり、寝る前に布団の上で
『ぼく赤ちゃん。』と言って手足を丸めたりする
ことがありました。」とのことでした。

 

予想通りの胎児帰りと赤ちゃん帰りが出たようです。
——————————–

 

だから、
順調にプログラムの療育効果が出ていると感じたのです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ここまでが、プログラムの前期の経過です。

 

その後、しばらくお休み期間を置いて、後期に入ります。

 

前期は、後期で発声訓練などが出来るようにする
ために聴覚を整えるための準備期間です。

 

だから、後期では更なる成長が見込まれます。

 

ここから後期の説明に入ると、相当長くなるので
後期の話は、又次回にさせて頂きますね。

 

発達障害の改善に興味のある方は、是非B君の
更なる成長をお楽しみに(^_^)/

 

P.S. こちらのキャンペーンの募集のページもご覧ください!★
 ↓↓↓
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【今なら3大特典付き!
親も子も楽になる「発達障害改善プログラム」
体験セッションキャンペーン!!

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

+++————————————+

☆ いつもお読みくださってありがとうございます!

今日の話は如何でしたか?

ご感想など是非送ってください。

メッセージを頂くと元気が出ます。

※ 掲載記事や情報をあなたの文中に引用
するときは、出典を明記して下さるよう
お願い致します。

+——————————–+++

■【LP式ストレス解放コーチ】

聴覚刺激とストレス解放ケアで
心身の痛みや発達障害の改善を援助する

井上 慧子

+————————————+++

■住所:千葉県船橋市湊町2-12-24日本橋ビル6F

公式ホームページ http://listenplus.com

リスニング療法 http://listening-therapy.com

発達障害改善プログラムの体験セッション http://blog.listenplus.com/notation.html

ストレス解放ケア無料メール講座
おうちで出来る「7つのストレス解放ケア」無料メール講座