重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

7つのストレス解放ケア

重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

2005年12月1日のメール・ニュース 

♪————————————————————————–♪

  プラスにリッスン(聴く)?プラスをリッスン(聴く)?

?  ♪リッスン+♪のメール・ニュース Vol.3      2005年12月1日

?????? 発行者:井上 慧子(心理カウンセラー・LiFTインストラクター)

♪————————————————————————–♪

今晩は。 ♪リッスン+♪の心理カウンセラー兼LiFTインストラクターの井上です。

もう12月に入ってしまいましたね。

11月中に出す予定だった♪リッスン+♪のメール・ニュースを
メルマガにしようとアドレスを登録しているうちに12月になってしまいました。

でもお天気は、11月から冬モードになったり秋モードに戻ったりと、11月と12月の
お天気がごった混ぜになって押し寄せて、以前の様な穏やかな天候や気温の変化
というのが段々日本でも少なくなって、シカゴやトロントの様な急な天候や気温の
変化に近づいてきたような気がします。

文化だけでなくお天気まで北米化してしまうのかしら、とちょっと心配。

では♪リッスン+♪のメール・ニュース Vol.3 をお楽しみ下さい。

♪————————————————————————–♪

★ 目次:

1.リスニング療法による改善と維持

  ☆ ADHDの改善効果を今も維持するだけでなく、更なる成長を続けるΣ君

2.近況報告

  ☆ 第13回日本臨床動作学会大会・第14回学会主催研修会へ参加
   
  ☆ 東京ブリーフセラピー研究会へ参加

  ☆ ブリーフセラピー・ネットワーク・ジャパン(BTNJ)10周年記念大会へ参加
3.お知らせ

  ☆ ケーブル・テレビで放映された健康動作法の動画が、ホームページへ移動!
   
  ☆ ハミングとROL練習用のCDを買える事になりました。
   

4.編集後記

♪————————————————————————–♪

1.リスニング療法による改善と維持

  ☆ ADHDの改善効果を今も維持するだけでなく、更なる成長を続けるΣ君

  11月の初旬にホーム・ページに事例としてあげてあるΣ君のお母さんから、
  Σ君がリスニング療法を終えて2年近く経った今でも、リスニング療法での
  改善効果を維持しているだけでなく、更なる成長を続けているという
  ご報告がありました。

   「・・・お陰様で、Σは元気です。こんなに変わるものかなと思うほど、
    成長しました。嫌なことを言われたり、されたりもしているようですが、
    対処の仕方は、冷静ですし、大人です。・・・」とその様子を、具体的な
    行動の例をあげて説明して下さっています。
   
    そして「あのまま、リッスン+さんにお世話にならなかったら…Σは、
    人間不信になり、学校もどうなっていたかわかりません。・・・
    初めてリスニングを受けてから、2年弱ですが、あの頃とは違い、成長しました。
    ありがとうございました。
    同じような悩みのかたがいらっしゃいましたら、少しでも励ましになりますよう、
    一例としてお話しください。」と、他の方を励ましたいという思いで終わっていました。

    ご好意に甘えて、その全文を私の楽天のブログ
    「もっと自分を幸せにする」:http://plaza.rakuten.co.jp/yasuragu/
    で紹介させて頂きました。

    どうぞご覧になって下さい。
 
    その後の私からの返信とそれに対する返信も含めて、今構築中の新しいブログ
    ♪リッスン+♪のブログ http://blog.listenplus.com/
    でもご紹介する予定です。

    Σ君のお母さん、本当に有難うございました。

    こういうお便りを頂くと、国内で唯一LiFTプログラムを心理カウンセリングに
    組み入れた、リスニング療法を実践する為に、暴挙ではあったけれど
    オフィス開設という形で始めて良かったと、心から思えてきます。

    そしてクライアントさんのお役に立てた喜びと共に、私自身がクライアントさんや
    そのご家族から幸せを頂いて、益々皆さんのお役に立ちたいという
    エネルギーを頂いています。

    でも、このΣ君のADHDの改善と今尚続く成長は、勿論リスニング療法による効果
    だけでなく、その効果を最大にして継続させているお母さんの見方、接し方に
    拠るところが大きいのだと思います。

♪————————————————————————–♪
 
2.近況報告

  ☆ 第13回日本臨床動作学会大会・第14回学会主催研修会へ参加

    10月3日から5日まで、滋賀県の琵琶湖畔のホテルで
    日本臨床動作学会第13回大会がありました。

    夫も今年の春からM先生の所で動作法の初級を習っていて、
    学会員にもなりましたので、今回は一緒に学会に出ました。

    その時の様子に関して

    http://plaza.rakuten.co.jp/yasuragu/diary/?ctgy=3

    に書きましたので、ご覧下さいね。

  ☆ 東京ブリーフセラピー研究会へ参加

    阪大の宮田敬一先生のブリーフセラピーの事例を色々な面から検討する、という
    研究プロジェクトの発表でした。

    その見事なブリーフセラピーによる展開は、私のカウンセリング参考としてとても
    学ぶべき事が多い研究でした。

  ☆ ブリーフセラピー・ネットワーク・ジャパン(BTNJ)10周年記念大会へ参加
   
    BTNJの10周年記念大会には、毎年海外のブリーフセラピーの実践で効果を上げている
    有名セラピスト(カウンセラー)をお招きしてワーク・ショップを行っています。

    今年の講師は、ミルトン・H・エリクソンのお弟子さんで「Possibility Therapy
    (可能性療法)」の提唱者ビル・オハンロン氏でした。
???????
    エリクソンや彼の問題に関する考え方の幾つかの例を挙げると、以下の様になります。

    「どんな人の問題も一時的なものであり、それを解決する方法は、その人自身が
     知っている。ただ、自分が知っているという事を知らないだけだ。」
    
    「クライアントは自分自身に関する専門家であり、援助の専門家である
     セラピスト/カウンセラーとの変化の過程におけるパートナーである。」

    「クライアントは、必ず自分の問題状況に対処出来る能力と可能性を持っている。」

    今まで私もそう思ってカウンセリングをして来た積りでしたが、ワークを通して
    未だ未だ改善する点があるな、と思った事でした。

    中でも、「行動学的であれ、心理学的であれ、情動的或は人間関係的であれ、
    問題を引き起こした原因が何であるか、確実に知ることは誰にも出来ない
    (知っていると主張する人々には事書かないけれども)。」という言葉は、
    今まで以上に新鮮に響きました。

    確かにその通りだと思うのです。人はその原因を推察する事しか出来ないのです。
    確実に知ることが出来ない以上、原因究明の推察に時間を掛けるより、どっやったら
    解決できるのかを、クライアントさんと協力して探す方がより効率的ですよね。

    そこで自分のカウンセリングを振り返って見た時、ブリーフを心掛けていた
    積りなのに、それでもやはりそれまでに染み込んだ伝統的なカウンセリングの
    やり方をついついやってしまう事があったなー、と反省したことでした。

    カウンセラーを続ける限り勉強は欠かせませんね。もっともっと研鑚を積みたいと
    思った事でした。

♪————————————————————————–♪

3.お知らせ

  ☆ ケーブル・テレビで放映された健康動作法の動画が、ホームページへ移動!

  
    10月まで東京の北ケーブルTV(北区)と葛飾ケーブルTV(葛飾区)、
    そしてLWAC NPO法人ライフ・ワーク・アンド・コミュニティのブログ
    LWAC  http://lwac.jp/ で放映されていた、リスニング療法の説明と
    健康動作法による漸進的弛緩法(リラクセーション)のやり方の動画が、
    LWACの水津さんのご好意で、♪リッスン+♪のHPで掲載を許可されました。
   
    http://listenplus.com/media.htm でご覧頂けますので、前回もご案内した通り
    以下の方法で行ってくださいね。

    一番目のやり方は、「体が弛む」と「もっと、もっと。」と自分の力を出せる事
    が分かりますよ。二人で組んで、一人の人が後ろで前の人の手先が行けた
    所を「ここまで来れた。」と教えて上げ、2回目、3回目と伸びたら思いっきり
    「わー、ここまで来れた。やった~!凄いね。」等と拍手しながら誉めてあげる
    と、とっても気持ち良くて、体が楽になるだけでなく心も元気になりますよ。
    左方向と右方向に3回ずつやって下さいね。

    2番目のやり方は、疲れた時や眠る前にやると、疲れが取れ、体全身も弛んで
    気持ち良くなるだけでなく、良く眠れる様になります。

    二つとも、自宅で一人でも簡単に出来るストレス解消法です。
    そして健康動作法という名前のとおり、健康維持に役立ちます。

    オフィスで指導させて頂いた方は感覚を思い出しながら、
    初めての方は、是非、動画を参考にお試しあれ!

  ☆ ハミングとROL練習用の音楽CDをご購入頂ける事になりました。

    クライアントの方、又は私のセミナーでやり方を練習した事がある方に朗報です。

    リスニング療法のLiFTプログラムや脳を活性化する聴覚刺激法のの中で行う
    ハミングの練習や大きな声での朗読法の時に使う音楽CDをご購入頂ける事になりました。

    予約制ですので、ご希望の方は♪リッスン+♪までメール又はお電話にてご予約下さい。
    まとまった数になりましたら、リスニング・センターに注文致します。

♪————————————————————————–♪

4.編集後記

 今回も最後まで読んで下さって有難うございます。

 ビル・オハンロン氏のお話の中に、もう二つ興味深い事がありました。

 一つは、ある実験で鬱になる犬とならない犬がいたのですが、その違いは
 人間の場合にも当てはまるというお話。

 もう一つは、災害や酷い虐待を受けた人々の中でも、PTSD症状の出る人と
 出ない人がいるというお話。

 どちらも「そうだろうな。」というお話しでしたが、その違いの元には
 教えられる事が多かったので、次回詳しく書く事に致します。
 
 それでは皆様、益々冷え込んできた冬の日々ですが、身体も心も暖かくして
 寒さを乗り切りましょう!

♪————————————————————————-♪

 このニュースに対する皆様からのご感想をお待ち致しております。

 このニュースに関するご質問等も気軽になさって下さいね。

 また、こんな事に関する事を書いて欲しいというご要望もどうぞ!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 このニュース・レターは、♪リッスン+♪のクライアントさん、HPからメール会員
 登録をなさった方、お問い合せ下さった方、井上と名刺交換やその他の方法で
 メール・アドレスを下さった方々、そして筆不精で連絡不足になりがちな友人や
 親類に、その時々のお役に立てそうな情報、♪リッスン+♪に関するニュース、
 そして井上の近況報告も兼ねて(欲張りですね)ランダム(月に平均一回)に
 一斉送信しています。

 また、このメールがお役に立ちそうなお友達やお知り合いに転送頂いても構いません。
 
 「登録」と「解除」はこちら<http://listenplus.com/#Mailmember> からできます。
  このメールを必要ないと思う方は自由に「解除」して下さい。

♪————————————————————————–♪

 Keiko Inoue? M.A. ? 井上 慧子 
‘♪リッスン+♪’心理カウンセラー・LiFTインストラクター 

あわせて読みたい関連記事

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。