重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

7つのストレス解放ケア

重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

お待ちかね、動作法など三つのクラスを開催します!

4月も半ばを過ぎましたね。
オフィスの近くの桜もソメイヨシノは葉桜となり、八重桜が咲き誇っています。
駅へ続く家並みの庭にはチューリップや藤棚も可愛い花を付け始めています。
春爛漫、春風も心地よく頬をなでるようになりました。

今回も井上からのメッセージを読んで下さって有難うございます。

前回のメール・ニュースに対してお二人から返信がありました\(^_^)/。

いつもの様に、このブログの「コメント」欄にアップしました。

お二人のエネルギーをシェアして下さると嬉しいです。

また、今回から「コメント欄」への書き込みをオープンにしました。

もし「何かコメントしたいな。」と思われたら、いつでも好きなときに書き込ん
で下さいね。

さて今日も、♪リッスン+(プラス)♪メール・ニュースと似てるけど、ちょっと
違うブログへ行ってみましょう!

今日は、♪リッスン+(プラス)♪からの重要なニュースです。

♪———————————————————————————–♪

★ お待ちかね、動作法など三つのクラスを開催します!

★ それってどんなクラス?

★ リラックス・ワークって?

★ 動作法って?

★ なんで、この三つのクラス?

♪———————————————————————————–♪

★ お待ちかね、動作法など三つのクラスを開催します!☆——————–

リッスン+(プラス)では、言葉による 心理カウンセリングだけでなく「こころ
とからだ」を同時に動かす(変化させる)臨床動作法催眠療法も含めた様々な
リラックス法自己コントロール法などを適宜に使って、クライアントさん夫々
のニーズや個性に合う様に臨床しています。

(これらの心理カウンセリングに 聴覚刺激・訓練のLiFTプログラムを組み合わせ
たのがリスニング療法です。)

臨床動作法は、一昨年 臨床動作士の資格を頂きました。

そこで少し自信が付いた今年度、これまでクライアントさんやそのご家族か
ら「自宅でも出来るようになりたい。」というご希望の多かった臨床動作法
そして必ず皆さんのお役に立てると思う様々なリラックス法自己コントロール
などのクラスを開催したいと思います。

★ それって、どんなクラス?   ☆—————————————————–

クラスは3種類で以下の三つのニーズを対象に考えています。

1.♪リッスン+(プラス)♪リラックス・ワークの会:
  自分の「こころとからだ」のストレスや眠っている潜在能力を開放し、健康
  を促進する為に、自宅で一人でも出来る「リラックス法」や「コントロール
  法]を学びたい人が対象です。

2.♪リッスン+(プラス)♪健康動作法の会:
  ケアの仕事に携わる専門職ではないけれど、動作法を学んで自分だけでなく
  家族や子供の心身の健康やコミュニケーション能力を向上させて、家族みん
  なの「こころとからだ」を楽にしたい親御さんや一般の方々が対象です。

  但し、このクラスのメンバーが動作法を実施する相手は、井上の許可がある
  までは家族の中だけとします。他人に行なうとき、専門職としての知識や
  能力が必要となるためです。

3.♪リッスン+(プラス)♪臨床動作法の会:
  心理、教育、医療、福祉など、ケアの仕事に携わる専門職又は学生で、クラ
  イアント、生徒・学生、患者さん達の「こころとからだ」の健康を支援した
  り能力を高めたりする為に、動作法を有効な心理療法の手段として活用する
  技能を高めていきたい方が対象です。

  日本臨床動作学会認定講習会に一回以上参加経験のある方(予定も可)が望
  ましいです。

各クラスとも年間11回(合同クラスも含める)とし、参加費は年間一括払い
35,000円、各回払い4,000円です。
(詳細はアンケート・サイト参照)
http://happy-body-mind.com/questionnaire.php
 
また動作法のクラスには、日本臨床動作学会臨床動作学講師の最上貴子先生を
顧問にお迎えし、11回目の合同クラスでは直接ご指導頂きます。

以上3クラスですが、幾ら私がみなさんとこれらのリラックス法や自己コントロ
ール法、動作法の効果をシェアしたいと思っても、皆さんの中にそのご要望や
ご希望がなければ、会の開催は出来ません。

そこで、上記三つの会の開催に関心のある方で、少しでも参加のご希望や可能性
がある方は、参加のご希望とご都合を教えて頂くために以下のサイトのアンケー
トにご協力下さい。

http://happy-body-mind.com/questionnaire.php

(アンケート・サイトにいけない時はメールかお電話にて詳細をお問い合わせ下
さい。)

アンケートの結果、最も参加人数が多そうな時間帯と曜日にクラスを開きます。
また、参加希望者が4人以下のクラスの開催は見合わせます。

★ リラックス・ワークって?  ☆——————————————————–

お世話になったカイロプラクティストや鍼灸士、気功士の方々に教えて頂いた
ストレッチや運動、健康法などに私なりの工夫で動作法の弛め方を加えた一人で
出来る「ゆったりボディ・ワーク」をメインのワークとします。

ゆったりとからだを動かして自身の中の張ったり緊張したり調子が悪かったり
する部分に気付き、リラックスしながらその張りや緊張、疲れを取り、全身の
調子を整えます。

自分の好きな時間や仕事の合間に簡単にコリや緊張を取れる部分的な動きから
朝の寝起き直後や夜寝る前にベッドの上でも出来る全身をほぐす動きまである
ボディ・ワークです。

更に、故小柴先生(催眠と考え方)や他のカウンセラーに教えて頂いたリラック
ス法、弛緩法、自律訓練法、自己暗示法、イメージ法などに私なりの工夫を加え
た自己コントロール法も組み入れます。


★ 動作法って?   ☆——————————————————————

動作法を言葉で説明するのは難しいのですが、敢えて短く纏めてみます。

約40年前、九州大学の成瀬悟策先生を中心としたグループによって開発された
脳性まひ児・者の催眠療法中には動かせるけど、覚醒すると動かせなくなってい
た不自由な肢体を、覚醒している普段の生活の中でも動かせる「からだ」の動か
し方」が研究の末見付かったのです。
 
以来、「こころとからだは一体で動く」という考え方に立ち、自分のその時々の
「こころとからだ」の緊張状態を知ってその状態と向き合い、より良い状態に
する様に「こころとからだ」を同時に動かすやり方が、動作法としてリハビリテ
イション心理学、ストレスマネジメント、心理療法、健康法など、様々な分野で
発展してきました。

井上が使っているのは心理療法としての臨床動作法ですが、動かし方としては
どの分野でも大体同じです。ただ、セラピストの専門性によってポイントとする
ところや相手への向き合い方が違ってきます。


臨床動作法の定義は、日本臨床動作学会のサイト
  http://www.dohsahou.jp/dohsa.htm をご覧下さい。

実践では、自分の中の緊張状態や慢性緊張のある部分を知り、そこを弛めたり
適切に動かしたり出来る様にすることで出来るだけ少ない緊張度(適切にリラッ
クスした状態)で行動したり生活したり出来るようにしていきます。

自分のストレスや行動を楽にコントロール出来る様になる為「こころもからだ」
も楽になり、より健康にもなります。

肢体不自由、発達障害、腰痛、肩こり、不眠、不登校、高齢者の歩行等の改善、
うつや統合失調症などのこころの困難な状況の改善、コミュニケーション能力や
意欲(やる気)の向上等々への効果が確認されています。

その為、心理療法、ストレス・マネジメントや健康法、発達促進法として医師、
心理カウンセラー、スクール・カウンセラー、保健士、学校(含む養護学校)の
先生、発達障害の援助者などに人気の療法です。

事実、私の臨床下でもクライアントさん達が「不思議ですね。」と言う程、施行
して直ぐ良い気持ちになって「こころ」が落ち着いたり安らいだりする、曲がっ
ていた背中が伸びて楽に良い姿勢を保てる(私の84歳の母も90度に曲がって
いた腰が一回で真っ直ぐなって、こちらがびっくり!)、うつ状態や酷い疲れか
ら開放されて「こころとからだ」が楽になる、寝転んでばかりいた発達障害児の
のやる気が出る…など、その他諸々の効果が現れた事例が少なくありません。

勿論、一回ではなかなか効果を感じられない方もありますが、クライアントさん
側もセラピスト側も経験を重ねれば重ねるほど効果が向上します。

反面、両者が初心者でもそれなりの効果があるのが、動作法の不思議な所です。

「動作法は何故そんなに効果があるのか?」という問いに対する科学的証明は
残念ながら未だなされていません。

でも、他人に本人の身体を動かして貰うのでなく、セラピストと協力しながら、
本人自身の意図と努力で目的の緊張部分を動かして弛めるという、それまでとは
異なる「こころとからだ」の課題への向かい方をする、つまり、それまでとは異
なる体験の仕方をする為に短期間で変化が現れるのではないか、と考えられてい
ます。

う~ん、やっぱり簡単に説明するのは難しい!動作法に関する本は成瀬先生や他
の先生方による本が沢山出ています。関心があれば、読んでみて下さい。

でもやはり体験しないと、言葉による説明や本を読んだだけで理解や納得をする
のは難しいと思います。

体験したことの無い方は、是非一度、体験してみて下さい。


★ なんで、この三つのクラス? ☆———————————————————-

現在の私しか知らない人には想像出来ないかもしれませんが、若い頃の私はネガ
ティヴ思考で身体も弱く、風邪や偏頭痛で受験当日に寝込んだり、流産しそうに
なったりと、しばしば体調を崩して対人関係や人生の大事な時期に失敗したもの
でした。

結婚して子供が出来ても、自分の気持ちや体調のコントロールが出来ずに少しの
音でも夜中に目が覚めて眠れなくなったり落ち込んだりしていました。

そんな私も、1983年に故小柴先生にお会いして催眠暗示とポジティヴ思考を
学ぶようになってから、かなり自己コントロールが出来るようになりました。

お陰で大分元気になって、夫の海外転勤による2回(シカゴとトロント)の海外
駐在も何とか楽しめ、カウンセリングの勉強も出来たのだと思います。

それでも小柴先生もいらっしゃらない慣れない土地での生活の所為か、やりたい
事に夢中になってとことん無理をしてしまう私の性格の所為か、それまでに経験
したことのない寒さに当たった所為か、風邪こそ余り引かなかったものの、ぎっ
くり腰等の腰痛や肩こり、偏頭痛、めまいなどに悩まされました。

カイロプラクティスや鍼灸、マッサージにも随分お世話になりましたよ。

更に2000年に日本に帰国後、オフィスの開設準備や様々な研修・勉強で無理
をした為か坐骨神経痛を患い、年間60万円以上医療費に使う様になりました。

ところが幸いなことに、帰国したお陰で発達障害改善に効果があるという動作法
と出会ったのです。

最初は自分自身の「こころとからだ」の健康にも良いなどとは知らずに、ただ
カウンセリングの効果を挙げたいという思いから、自宅から通える範囲にある学
びの場を探していましたが、2003年にやっと横浜で行われていた動作法研究
会の存在を知って動作法を学べる様になりました。

以来、色々な先生の開催されている研修会や学会主催の研修会にも参加する様に
なりました。今回顧問としてお迎えする青山メンタルヘルスの最上先生にも4年
前からお世話になっています。

動作法の研修に通い始めて1年目頃からは、自分なりの工夫も出来る様になり、
研修会の場だけでなく、自宅でもそれまで色々な方々に教えて頂いた健康を維持
・促進する為の様々なリラックス法や自己コントロールの為の技法に動作法の
やり方を組み入れたボディ・ワークや一人動作法を毎日実践することで自分の
こころとからだの在り方をコントロール出来る様になっていきました。

更に夫も動作法を学ぶようになり、一人で出来ない部分は二人でやり合うことが
出来、無理をした後の不調も治せる様になりました。

お陰で、肩こり、腰痛、疲れなども早めに感じて治せる様になり、お医者さんか
ら治らないと言われた坐骨神経痛でさえ全く出なくなり、60歳を過ぎてからの
方が若い頃より元気に過ごせるようになりました。

60万以上使っていた医療費も、毎年の検診費と眼科(ドライアイ)の費用程度
になりました。

そして間も無く66歳を迎えようとしている今、私より若いカウンセラー達から
しばしば「井上さん元気だね~。」とか「フットワークが軽いね。」とか「その
パワーを分けて貰いたい。」などと言われます。

これも、色々な方々に健康法、リラックス法、自己コントロール法、そして動作
法を教えて頂いたお陰だと、教えて下さった先生方に感謝(!)です。

そこで、私が今まで多くの方々から教えて頂いて習得した健康法、リラックス法
、自己コントロール法、そして動作法によって受けた恵みを出来るだけ多くの
みなさんとシェアすることで、「こころとからだ」の幸せな健康(ハッピー・
ボディ&マインド)の輪を広げて行く為のクラスを持ちたいと思ったのです。

三つのクラスに分けたのは、私が今までに接してきた三つのタイプの人々に
夫々適したクラスを選んで貰える様にしたかったからです。

三つのタイプとは、
 動作法だけでなく自分一人でも出来る健康法、リラックス法、自己コントロ
  ール法を活用して頂きたい方々
 学会などの研修会に参加出来る資格はないけれど、家族全員の心身の健康
  や良好な家族関係の為に役立てられる様に健康動作法として動作法を活用
  して頂きたい方々
 他の人のケアーを専門の職業とされていて、より効果的なケアーが出来る様
   になりたい方々です。

という訳で最初にお知らせした様に、5月から♪リッスン+(プラス)♪の三つ
のクラス「リラックス・ワークの会」「健康動作法の会」「臨床動作法の会」を
開催します。

そしてもし、井上の「こころとからだの健康の輪を多くの方とシェアしたい。」
という趣旨にご賛同下さるなら、お知り合いの方にもこれらのクラスの開催を教
えてあげて下さったら嬉しいです。

でも会場の関係で人数に限りがありますので、4月末までにアンケートにお答え
頂ける方を最優先
に、定員に達し次第募集を締め切りますのでご承知下さい。

逆に、定員に達しない場合は中途参加も可とします。十分有り得ますね(笑)。

では以下のサイトでのアンケートへのご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。
http://happy-body-mind.com/questionnaire.php

♪リッスン+(プラス)♪ 井上 慧子
???(心理カウンセラー・LiFTインストラクター・臨床動作士) 

♪———————————————————————————–♪

? リッスン+(プラス)の総合サイトは
? http://listenplus.com

? ネイティブに近いリスニング力と発音力を付けたいなら
?http://english.listenplus.com

? 日本語の聞き取り力や話す声の質を良くしたいなら
?http://lift-program.listenplus.com

? 催眠療法やストレス解消法をお捜しなら
? http://shinri-counserling.listenplus.com

? 発達障害の改善法をお捜しなら
? http://help-adhd.com/

あわせて読みたい関連記事

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。