重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

7つのストレス解放ケア

重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、発達障害症状など、「ストレスからくる痛み」がどこへ行っても改善しない人へ

★ 生活環境とストレス

♪——————————————————————–♪

      ☆ 生活環境とストレス

?♪——————————————————————–♪

「ストレスは万病の元」と言われていますね。

そのストレスをもたらす源となる出来事を「ストレッサー」

言います。

 

ストレッサーには二通りあります。

 

・一つは「デイリーハッスル」

 

毎日の生活の中で日常的に起こる出来事です。

 

例えば、家庭や学校・職場での人間関係、不規則な生活、

うわさ、非難、批判、悪天候等です。

 

今年の天候不順は大きなストレッサーとなり得ます。

 

急な寒暖の差もさることながら、極寒や酷暑もストレッサーですよね。

特に今年の猛暑!たまりませんね。

その所為で体調を整えるのに苦労している方も多いかもしれません。

 

・もう一つのストレッサーの種類は「ライフイベント」

 

 

日常的には起こらないけれど、人生の中での転機となる様な、

或いは日常生活に支障をきたす様な出来事です。

 

例えば、就職試験、移転、職場環境の変化、災害、離婚、

地震、病気、大怪我等です。

 

お天気の変化でも災害に繋がる様な悪天候は、ライフイ ベントになりえます。

 

春一番が吹かなかった年は、異常気象になり易いそうで

すが、今年は正にそうですね。

 

気温の変化の激しさだけでなく、6月から台風に襲われた

り、竜巻があちこちで起こったり…。

特に竜巻なんて、私の若い頃には、殆ど日本では起こら

ないと思っていました。

 

でも、今はどこに現れるか分かりません。

 

これらの悪天候の被害に遭うと、それはライフイベントとなるでしょう。

 

そんな時は、動作法呼吸法などのリラックス法を行うと、

ストレスも解消できたり疲れを早く取り除いたり、

自律神 経のバランスを整えたり、免疫力も高めたり、と

自分の からだとこころをコントロールするのに役立ちます。

 

私と家族は上記の様な気温の変化の激しかった5月末に

新しい家に引っ越しました。

 

ライフイベントですね。

70歳近辺での引越し作業は本当に大変でした。

その引っ越し作業でのストレスから来る心身の疲れを癒 すのに、

毎日行う一人動作法やその他のリラックス法

随分助けてくれました。

 

これまでの引っ越しは全てを引っ越し屋さんに任せていま

したが、今度は同じ市内での直ぐ近くへの移動です。

 

以前、引越し後に何が何処にあるかが分かり難くて困った

事や春は引っ越し屋さんが込み合う事、一度の沢山の荷

物を纏めると若くない身には負担が多過ぎる事、引っ越し

料金を少しでも少なく出来る事等を考えて、出来るだけ自

分達で細々した物を運んでから込み合わない時期に大き

な家具などの引っ越し屋さんに頼もうという夫の提案に従

って、少しずつ時間を掛けてゆっくり引越しを進めることに

なりました。

 

そうするうちに娘が早く新しい家に引っ越したくて、自分の

必要なものだけを運んで先に一人で住み始めました。

 

そして私達もつられて4月始めから新住所に住み始めた

のは良いのですが、寒暖の変転の中、忙しさによる疲れも

あって、全員順番に風邪をひき、本格的引っ越しがどんど

ん遅れて行きました。

 

そしてやっと5月始めに本格的引っ越し、となったとき今度

は私が高い所のものを取ろうとして椅子の上でバランスを

崩して椅子ごと転倒・落下してしまいました。

 

右体側をしたたかに打ったため、右足の指の打撲と首と膝

の捻挫でその部分が大きくはれ上がってしまいました。

 

それでも今回は、骨折だけは免れたのが不幸中の幸いで

した。

 

接骨院の先生に、「これで骨に異常が無かったのは、

操(動作法等を取り入れたゆったり体操のこと)をやってる

からかもね。」と慰め(?)られました。

 

それにしても、あ~、またまた引っ越しの順延!

 

そしてやっと右脚を引きづりながらも、何とか家の中では

休み休み歩き回ったり家事をしたり出来るようになり、5月

末にやっと残りの大物を運びました。

 

引っ越し作業を始めてから約2カ月経っていました。

 

その間、クライアントさんとのセッションも控えさせて頂き、

ご迷惑をお掛けしてしまいました。

 

本当に申し訳ない事です。

 

この様な経過を辿り、長らくお休みした後やっとセッション

を再開したと思ったら、今度は右足をかばい過ぎたのか、捻挫

をしていない筈の左足先がしびれ始めました。

 

坐骨神経痛に似ている症状でした。

 

それでも動作法を行うと大分楽になり、接骨院での鍼灸に

も助けられてその状態もやっと最近改善され、動作法のセ

ッションも行える程になりました。

 

そして6月半ば過ぎから本格的にセッションを開始しました。

 

とまあ、こんな状態で、このメルマガも大分お休みしてしまいました。

申し訳ありません。

 

さて、以前の膝の骨折の時もそうでしたが、この様なライ

フイベントから来るストレス解消して、痛みや疲れを和ら

げ、自己回復力も強化して元気に活動するためのエネル

ギーをくれた動作法やリラックス法、自己暗示等による自

己コントロール法には本当に助けられました。

 

勿論、これらの技法はクライアントさんの状態改善にも使

わせて頂いていて、大きな効果をあげる源となっています。

 

これまでこれらの技法を学ぶ機会を与えて下さった先生

方に心から感謝です。

あわせて読みたい関連記事

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。